いいものお伝えMedia

 

外貨預金は難しくない

最近よく聞くワード、外貨預金ってどんなものか知っていますか?投資などを一般の人もするようになった時代なので、外貨預金というのも注目を浴びています。外貨預金と聞くと、なんだか難しい金融用語だなぁと思うかもしれませんが、正しく理解をすると、とても簡単な仕組みなのです。

基本的な仕組みとしては、日本の銀行で預金をするのと同じ。預けておくと、金利がつきます。預けておくところが違う…というとわかりやすいのではないでしょうか。日本の銀行で預金をしても、今は金利が低くてあまり得ができません。でも、外貨預金で預けておけば、日本よりも金利が高いので、プラスとなるというわけです。

しかし、気をつけなくてはいけないのが、為替レートの変化がある、というところ。円高になれば損失が発生するので、その点は注意しましょう。それでも、日本で預金しておくだけでは資産が不安…そう考えるのであれば、分散投資をしておくことでリスクを軽減できるでしょう。ないと願いたいことですが、円安が進んで日本経済が破綻してしまう、そんなことを考えると、外貨預金も魅力的なものです。

使い方を正しく、外貨預金のリスクも踏まえたうえで挑戦してみてください。

Leave a Reply